« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月31日 (木)

フルーツパン

Dsc03705thumb フルーツの入ったパンのご注文をいただいたので、一度焼いてみることにしました。パウンド型で焼くのは初めてだったので、焼き時間を長めにとってゆっくり焼きました。すると、ホカホカふわふわのフルーツパンが焼けたではありませんか!
今回はフルーツを包んだパン生地を二本作り、それらをらせん状に編んだので、断面の二部分に大勢のフルーツがごっそり・・という感じになってしまいました。この次は、きちんと折り込んで、まばらになるようにやってみます。焼きたてのパンの味は、やっぱり格別ですね~♪

| | コメント (0)

2005年3月30日 (水)

クッキー!

Dsc03701thumb クッキーの後に「!」マークをつけたくなるほど、大きなクッキー。
お客様が旅行で『ウェスティンホテル大阪』に宿泊した際、おみやげに買ってきてくれたクッキーです。
写真だとわかりづらいですが、直径が9センチくらいあります。
味はホームメイドのような素朴な味で、とてもおいしかったです♪
食べ応え十分ですが、クッキーが大好きな私は、一気に平らげてしました。
この味と大きさを再現すべく、クッキーを焼いてみようかな・・。
大きいのが出来たら、ここに発表しますね。うふふ、お楽しみに☆

| | コメント (0)

2005年3月28日 (月)

自作マグカップ!

Cup_upthumb 1ヶ月ほど前、初めての陶芸体験をしました。「焼き上がりは縮んで小さくなる」と聞いていたので大きめに作ったら、私のこぶしがすっぽり入るほど、大きくできあがってきました(笑)。
だけど初めて作ったこのカップでコーヒーを飲んだら、手にしっくりとなじみ、だんだんいとおしく思えてくるのにはビックリ。手で作ったものは、やはり人の手になじんでいくんもんなんだなー、と改めて実感しました。形はイビツですが、宝物がまたひとつ増えて嬉しい!大切にしたいと思います~☆

| | コメント (0)

2005年3月25日 (金)

だまこマンキーホルダー

Damakomanthumb 五城目出身のお客様と「だまこマン」の話でいつも盛り上がっていたら、「だまこマンキーホルダー」というのをいただいてしまいました!100個限定で売り出したものらしく、それを作成している「シバノウエ工房」さんから直接送っていただいたものです(私のはNo.57)。すごくかっこいい!!宝物になりました♪もし購入希望の方がいらっしゃいましたら「シバノウエ工房」まで。http://www.shibanoue.net/

| | コメント (0)

2005年3月24日 (木)

だまこマン!

お客様で、秋田県五城目町出身の方がおられます。五城目のことを調べているうちに「だまこマン」というキャラがいることがわかりました。地方自治体キャラとしては、かなりの秀作と思われます。実写版も見つけたので、お暇な方は観てね♪すごいですよ~!(CM大賞の中の優秀賞のところです。)http://www.aab-tv.co.jp/

| | コメント (0)

2005年3月23日 (水)

自転車パン屋さん

Bicyclethumb とあるHPで、自転車にパンの荷台をつけて販売している女の子の存在をしりました。毎日パンを作っては、こうして街まで売りに行っているようです。以前男性の方で、こんな風にお菓子を売っている方をテレビで観ましたが、女性では初めて。勝手に親近感を覚えてしまいまいました。全国にはバイタリティー溢れる方がまだまだたくさんいるんだなー、と感動と同時に自分への刺激になりました。「バイタリティー日本一決定戦」というのがあったら、この人の次くらいにランクインしたいです(笑)。

| | コメント (0)

2005年3月22日 (火)

干物ダイスキ!!

Dsc03678thumb こんな風に連なった干し柿を見るのは、生まれて初めて!なんてかわいいんでしょう!そんな感情も束の間、一気に平らげてしまいました~。
北海道で柿の木というのは、ほとんど見ることがありません。マンガや昔話で「しぶ柿」というのがでてきますが、「しぶ柿」というのがいったいどんな味なのか気になります。
干し柿に限らず、干し芋、干しシイタケ、梅干等々、干したものが大好きな私。
太陽の光を浴びるだけで、どうしてこんなにおいしくなるんでしょうかね~。不思議です(といいながら、片手には最後の干し柿をしっかりと握っております)。

| | コメント (0)

2005年3月21日 (月)

葉っ子ちゃん

Dsc03663thumb 出ました!ついに出ました!
感動です~♪
今まで植物を育てることが苦手だった私。
色んな植物たちを枯らせてきた私にも、芽を出すことができたなんて!
苦節28年。ようやく達成いたしました。
ありがとう、ベンケイソウ!
そして、伸びろ天井まで!

| | コメント (0)

2005年3月18日 (金)

言no葉展3

Dsc03661thumb さあ、いよいよ始まりました「言no葉展」。
たくさんの方にご協力いただいたおかげで、こんなにたくさんの素敵な言葉を展示することができました。
これからもどんどん増やしていって、このボードがいっぱいになるといいなー、と思います。

| | コメント (0)

2005年3月16日 (水)

自作クッキー

Dsc03656thumb_1 お客様にご注文いただいた、クッキーを焼きました!春をイメージして「桜の花」と「葉っぱ」を作成。「卒業を機に辞めるアルバイト先に、感謝の気持ちを伝えたい」とのご依頼だったので、一つずつ感謝の心を込めて作りました。でも、こうやって並べてみると、アジサイかライラックみたいにも見える・・。わかってもらえるかしら??

| | コメント (0)

2005年3月12日 (土)

Dsc03651thumb 常連のお客様から教えていただいた、とってもステキなお菓子。北海道を代表するお菓子屋さん「六花亭」のお菓子です。色別に中身の味が違っていて、目にも楽しい、味わってまた楽しい。といっても中身はお酒なので、弱い人は酔ってしまうかも。口に入れると、ふわっと溶けて無くなってしまう、もろくて儚いところがまたかわいい。機会があったら、是非一度お試しください♪

| | コメント (0)

2005年3月10日 (木)

くまクッキー

Dsc03650thumb お客様からいただきました!小樽のおみやげ。かわいいし、おいしい。箱も凝っててステキでした♪お客様から時々おみやげをいただきますが、いつも涙が出るくらい嬉しい気持ちになります。
旅先でふと、うちのお店のことを思い出してくれるなんて、とっても嬉しいことですよね~!
「これからも、またがんばるぞ~!」って思いました。

| | コメント (0)

2005年3月 8日 (火)

本を読むこと

Dsc03648thumb ほんの2~3年前のことですが、毎日通勤のバスの中での読書が日課になっていた時期がありました。
会社の帰りに古本屋さんに立ち寄っては、新しい本を仕入れ、夢中になって読んでいました。
幼いころは、よく母親に「マンガばっかり読んでないで、本を読みなさい!」と言われ続け、「マンガだって本だわい!」と意固地になって、絵の無い本はいっさい読みませんでした(夏休みの読書感想文を書くときだけは、しぶしぶ読んでいましたが・・)。
でも大人になって、本を読むことが楽しくて楽しくて・・。

人にはそれぞれ、物事に適した「時期」というものがある様に思います。
本を読むことに限らず、勉強だって、遊びだってそうだと思うのです。
だから今自分が一番夢中になれることがあれば、今がその「時期」と言えるのではないでしょうか。
最近はゆっくり本を読む時間が無くなりましたが、またちょっとずつ暇を見て読みたいな、と思っています。
あなたが今、夢中になれることは何ですか?

| | コメント (0)

2005年3月 6日 (日)

言no葉展2

Dsc03624thumb キャンバスに色がのりました~(これは縦になってます)。着々と準備が進んでいます♪

| | コメント (0)

2005年3月 4日 (金)

インドの紅茶

Dsc03561thumb お客様からいただいた、インドのおみやげでした。とてもかわいいこの箱。見た目とは裏腹に頑丈で、なかなか開かないんです。
手でダメ。ドライバーを挟めてもダメ。しまいには金槌まで登場。さすがに箱も観念したのか、ドライバーと金槌でようやく開きました。
苦労した甲斐あって、中には薫り高くおいしい紅茶が入っていました。
おいしい物って、努力して努力して手に入れるものだと、あらためて気づかされます。
お客様と、インドに感謝です!

| | コメント (0)

2005年3月 2日 (水)

言no葉展

Dsc03608thumb 来週(予定)から、私のお店で『言no葉展』が開かれます。
言葉って、たった一言が勇気になったり、支えになったりするんですよね~。
お客様から教えていただいた、そんな素敵な言葉たちを集めて展示します。
このキャンバスを使って展示するのですが、さてさてどんな風になるんでしょう?
途中の経過も、随時載せていきますね!お楽しみに♪

| | コメント (0)

2005年3月 1日 (火)

あめ細工

Dsc03604thumb 世の中、すごい人がいるものです。
「あめ職人」ってほんとにすごい!

ひな祭りのプレゼント(?)におばあちゃんからもらった「あめ細工」。
かごいっぱいに、あめでできたお花がつまっています。
とても、砂糖と水でこれらができているとは思えません。
この職人さんは何年も何年も、あめでいろんなものを作ってきたんだろうなー。そんな歴史さえ感じさせる作品です。
こうして一つずつ丁寧に仕事をすることで、作者の心ってもしかすると見る人・食べる人に通じるのかも・・と思いました。
最近の私のテーマは『一つの丁寧を続ける』。
「一つの丁寧」を一つで終わらせるのではなく、それを続け、積み重ねることが大切だなーと感じることが多くなりました。
このあめ細工を見て、あらためてその大切さを実感。
いつか私も自分の作ったもので、こんな風に人を感動させられるようになりたいです!

| | コメント (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »