« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月17日 (水)

ウマ!!

Dsc06344_1 うちの常連さんTさんは元サラブレットの厩務員。

「今度一緒に馬に乗りに行きましょう。」と言ってから、1年くらい経ってしまったので、本当に行くことにしました。

私が最後に馬に乗ったのは確か、幼稚園の遠足でハイジ牧場に行って以来です。と言っても、前に人が付いての引き馬程度。

まるっきり初心者なので、今度も引き馬だろう・・・と油断していたら「はい!乗って!!」と言われ馬に登り背に乗る。さらに自分で手綱を持って「はい!次は、足で馬を蹴って!!」とか言われるのです。「ヤバイ・・・。」と思っても、もう遅い。

恐る恐る、先生の言うとおりに足で馬を蹴る。でも全然歩かない。「蹴っても痛くない?大丈夫?」と、馬に話しかけたりしてみる。無表情なのが伝わってくる。ご機嫌取りに、ちょっとなでてみたりする。でも無表情。

しばらくの間、ちょっとずつ蹴りのパワーアップを繰り返し、5段階アップくらいになったとき、やっとノロノロと歩き出した。「あー、きっと怖がってるのも見破られてるんだー。どうしよう?怖いよー。」と内心ビクビク。

一応言葉だけは・・・と「こんな見ず知らずの私の言うこともきいてくれるんだね~。あんたエライよ~。ありがとねー。」と馬への労い・気配りも忘れない。

歩くのにも慣れた頃、今度はスピードアップ。今度は駆け足にチャレンジ!

ムチなんか使って、足もいっぱい蹴って、馬はパッカパッカと駆け足になった!

「わー!私、ヤブサメの人みたい!!何だ簡単じゃない!!ヘッチャラピー!!」と内心嬉しさでヒートアップ。

だがその時。

ガクン!と急激に私の視界が降下したのです。馬が突然身をかがめ横に倒れたのです。何をするかと思えば、気持ちよさそうに砂浴びを始めたではありませんか。

乗っていた私の体は宙に舞い、気付いたときには咄嗟に飛び降りで無事に着地していました。この反射神経はチアで鍛えられたものか・・・。この時ほど、チアをやっていて良かったと思ったことはありません。

馬は何でもお見通し。私の薄っぺらな同情が、馬になめられた原因か。

馬をチェンジした後私は、他の二人より先に馬上から下ろされすごすごと退場。

あー、もうちょっと馬と心を通わせたかったなー。

そして願わくば、いつか森の中や海辺を乗馬したかった。

こんなブルジョアな競技は私のような庶民には向かないのか・・・。

でも一瞬ですが、ヤブサメ気分を味わえた私は幸せでした。

みなさんも是非、乗馬をお試しください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

お酒バトン!

皆様、お久しぶりでございます!

「みちこらむ」が突然消滅してしまい、ご迷惑をおかけいたしました。

マスターがたまたま、バックアップをとってくれていたおかげで、復活することができました。だけど、皆さんにいただいたコメントが復活できなかったのが、とっても申し訳ないです。これからまた日記を書いて行きますので、今後ともお付き合い、何卒よろしくお願い致しますm(__)m

さてさて、消滅の期間中、多数の方に「復活はまだか~?」と励ましのお言葉をいただきました。これは復活せねば・・・と思って早1ヶ月。

消滅前、若おかさんよりいただいた「お酒バトン」。再度アップしたいと思います。

私の「お酒エピソードについて」の記事で再開とは・・・。私らしいかも。でも恥ずかしい・・・。

Q1.酔うと基本的にどうなりますか?

目が座ります。
  

Q2.酔っぱらった時の最悪の失敗談は?

会社の先輩の送別会、大酒をあおったその帰り道。札幌南一条通市電横モスバーガーの前にて、一歩も歩けなくなりその場に倒れてしまいました。そのうち雪がちらちらと降ってきて「あー、誰も助けてくれないのね~。世知辛いね~。私このまま死ぬのかな~。」などと空を見上げながら呑気に考えた記憶があります。

その時、当時お付き合いを始めたばかりの現在の旦那様が、携帯からのSOSに急いで助けに来てくれました。まるで白馬にのった王子様です。こんなに情けない私と結婚してくれた旦那に、今も頭が上がりません(笑)。

Q3.最悪の2日酔いはどんな感じですか?

吐きそうで、袋を携帯して買出しに行きます。

二度と飲みたくなくなる。でも忘れる。

Q4.好きな銘柄は?

むすひ・黒糖梅酒・ワイナリー山崎のワイン

Q5.最近飲んだ店は?

串鳥

Q6.よく飲む、もしくは思い入れのある5品
・むすひ・黒糖梅酒・スリムス・ストローハット・・・あー、これ以上思い出せない。

Q7.ジョッキを渡す5人
マコさん・みちこらむ愛読家さん・マリコさん・ひっきーさん・やなぼうさん・柴田さん

私がお酒を飲むと、どういう状況になるか・・・ということがわかっていただけたかと思います(汗)。最近はアルコールの分解速度が遅くなってきたような・・・。飲みすぎた次の日は、昼の3時くらいまで二日酔です。気をつけないと。

目が座った私と飲む勇気のある方、随時募集中です(笑)♪

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »