« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月 9日 (火)

励ましの言葉

先日、5歳の娘なごみが、トイレから血相変えて走ってきた。

「おっかー!おっかー(娘は私の事をおっかーと呼ぶ)!大変!トイレにしまじろう落としちゃった!!どうしよーー。。」

私は娘に手を引かれて、トイレに向かった。

なるほど水洗トイレの水が溜まっている部分に、しまじろうのトイレトレーニングマシーンがプカプカと浮いているではないか。衝撃映像。

このトイレトレーニングマシーンは、毎月我が家に送られてくる「こどもちゃれんじ」の付録で、子供が一人でちゃんとトイレができた時に押す。

Dsc01179

すると、しまじろうが「がんばったね!!(ファンファーレ♪)」と言ってくれる、何ともよくできたマシーン。

子供はそれを励みにトイレトレーニングを頑張る、というもの。

娘は5歳なので、トイレトレは終了しているが、ずっとトイレに置きっぱなしにしていたので、手が当たった弾みでトイレに落下したらしい。

私が動揺したらダメだ!と、冷静を装う。

おそるおそる、私はビニール袋に手を入れ、トイレから拾いあげた。

その瞬間、彼(しまじろう)は絞り出すような声を出した。

「がーんーばーったねぇーー(低)。」

でも、私がボタンを押しても反応なし。それが、彼の最後の言葉だった。

だけど、そのまま捨ててしまうには忍びない。

頑張って拾ったし。

きれいに洗って、洗面所で干してみた。

次の日の夜中。

授乳に起き、眠い目をこすっていた私に

「がーんーばーったねぇー。」と低い声が。

「!!!」

暗闇の中で、励ましの声と低いファンファーレ。

ボタン押してないのに、自動的に褒める。

怖かった。

でも、何だかありがたい気持ちになった。

相手が機械でも関係ない。

私を褒めてくれた。ありがとう、しまじろう。

今日も私は匠をおんぶして、台所に立つ。

Onbuobake

何気ない日常の、ちょっとした幸せ。

虎の恩返し。

続きを読む "励ましの言葉"

| | コメント (9)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »