« クマの呪い 2 | トップページ | キャンディさん »

2012年5月 4日 (金)

クマの呪い 3

かねてから友達と「飲みに行きたいね~!」と話していて、約束したのがこの日4月30日の晩だった。

ミシュランでも「おすすめのお店」と掲載されたカジュアルイタリアンのお店。前々からこの友人が予約を入れてくれていて、私もとっても楽しみにしていたのだ。
夕方だったので、マスターに子供たちを預け、自転車で待ち合わせのレストランへ。

料理やお酒もとってもおいしくて、友達との話も楽しくて・・。

体の変調は、そんなときに突然訪れた。

「あ、ちょっとトイレに行ってくる。」と言い残し、私はトイレへ。
座ったとたん、猛烈な腹痛と悪寒に、汗がドーっと吹き出し、もう立ち上がることも人を呼ぶこともできなかった。
どうしよう・・・と、恐らく15分くらいは経過したころ、ちょっとだけドアを開けて、店員さんに助けを求めた。
「た・・助けて。。具合が悪い。」と絞り出すような声を出し、ようやく気付いてくれた。
テーブルで待っていた友達にも知らせてくれて、友人は私と自転車をタクシーに乗せた。腹痛で気が遠くなりそうな私は「ごめんね。。ごめんね。。」と友達に言い残し、家路についた。

それからは発熱と激しい腹痛で、夜間救急で点滴。翌朝も病院へ行き、もう一度点滴。
「これは症状から言っても明らかに食中毒ではなく、胃腸炎です。」とお医者さん。
点滴している間、ずっと何が原因か考えていた。

疲れがたまっていたのか、風邪か、空振りに終わった仮面ライダーショーか。


その時、木彫りのクマのことを思い出した。

そうか。クマ。クマを大事にしなかったってことか。
そう思った瞬間、痛みがスーっと引いた。
クマが「そうだよ。気づいてくれたんだね。よかった。。」と星になった瞬間である。

痛み止めの点滴が効いたんじゃないの?と、突っ込んでくれるとありがたいです。

ようやくお腹も良くなってきて、働かなかった罰として節約のGWを過ごしています。

今日はダイエーで「仮面ライダーグッズが当たるビンゴ大会」がある。
日時、ちゃんと確認して行ってきます(笑)!

|

« クマの呪い 2 | トップページ | キャンディさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマの呪い 2 | トップページ | キャンディさん »